So-net無料ブログ作成

下町ロケット 阿部寛 最終話25分拡大SP 土屋太鳳 吉川晃司 杉良太郎 小泉孝太郎 世良公則 今田耕司 [ドラマ]

下町ロケットTBS系


池井戸潤の直木賞受賞作をドラマ化。
夢と現実の狭間で奮闘する主人公を阿部寛が熱演

放送日12月20日25分拡大SP
毎週日曜 21:00~22:19
原作:池井戸潤「下町ロケット」(小学館)

最終話『最終決戦』

PMEAの面談もパスし、大型動物での実験に着手した
新型人工弁“ガウディ”。

順調な進捗具合に喜ぶ佃(阿部寛)だったが、
同時にガウディの完成を待つ聖人(庵原匠悟)の
容態が芳しくないと一村(今田耕司)から報告を受ける。

聖人を救うには、一刻も早くガウディの臨床治験を
目指さなければならない状況だ。

そんな中、コアハートの耐久性に疑念を
募らす中里(高橋光臣)は、現行バルブの
実験記録を参考にしたいと、データを管理する
マネージャーの月島(福田転球)に
見せてくれるよう頼み込む。

その完璧に近い実験データを前に息を飲む
中里だったが、横田(バカリズム)は、
その完璧すぎる数値に疑いを持つ。

一方、あるルートからコアハートに関する
実験データを入手した倫子(高島彩)は、
その分析を佃らに頼む。

しかし、その数日後、佃製作所の計測機器だけでは
データ偽装の真偽までは突き止められなかったと
山崎(安田顕)、埜村(阿部進之介)から報告を
受けた佃は、財前部長(吉川晃司)へ連絡を取り、
あることを頼み込む。

その頼みとは!?


ダイジェスト&予告動画




.

キャスト

阿部寛/佃航平役役
「佃製作所」の2代目社長。
元宇宙開発機構の研究員で、
ロケット打ち上げ失敗の責任を
取り退職した。父親が残した
町工場を継ぐが、宇宙への夢を
捨てきれず、ロケットエンジンの
開発を続ける。

土屋太鳳/佃利菜役
航平の一人娘。
バドミントン部に所属する、
受験を控えた高校生。
年頃のためか、事あるごとに
航平に反発する。

吉川晃司/財前道生役
「帝国重工」宇宙航空部の部長で、
藤間の進める「スターダスト計画」を担当。

杉良太郎/藤間秀樹 役
日本を代表する大企業「帝国重工」の社長。
宇宙航空分野で世界のリーディングカンパニーと
なることを目指す。徹底した実力主義者で、
経団連会長の座も狙う野心家。

概 要

第145回直木賞を受賞した池井戸潤の同名小説をドラマ化。
元宇宙科学開発機構の研究員で、父親が残した工場の経営を
引き継いだ佃航平を、5年ぶりのTBS連続ドラマ出演となる
阿部寛が演じる。
また、佃の娘・利菜を、NHK連続テレビ小説「まれ」の
好演が記憶に新しい土屋太鳳が務めるのも話題となっている。
脚本は「半沢直樹」「流星ワゴン」(共に同系)を手掛けた
八津弘幸が務め、同作を共に作り上げた
福澤克雄が演出を担当する。
10月から朝日新聞朝刊で「下町ロケット2」の連載も始まり、
ドラマ前半は「下町ロケット」を、後半は「下町ロケット2」を
原作に映像化。
物語後半からは、ドラマと新聞連載が同時進行する
試みも決定している。

ストーリー 

元宇宙科学開発機構の研究員・佃航平(阿部寛)は、
父親が残した下町の工場「佃製作所」で、経営者と
して第二の人生を送っていた。

娘の利菜(土屋太鳳)との仲は多少ギスギスしているが、
経営は順調で次第に業績も上がっていた。

しかし、あきらめきれない自分の夢である
ロケットエンジンの開発に力を入れすぎ、
少しずつ業績は下降気味に。

ある日、大手取引先の「京浜マシナリー」から
突然取引中止を宣告される。

さらに、ライバル企業の「ナカシマ工業」から
理不尽な特許侵害で訴えられ、
じわじわと経営体力を奪われてしまう。

そんな中、日本を代表する大企業「帝国重工」から
「佃製作所」の特許を20億円で買い取りたいとの
話が持ち上がる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0