So-net無料ブログ作成

『妖怪人間ベム』の観月ありさ、妖怪メイクは「素顔でいるより評判が良いです」 [映画]

『妖怪人間ベム』の観月ありさ、妖怪メイクは「素顔でいるより評判が良いです」
Movie Walker 11月20日(火)20時8分配信

人気ドラマの映画化『妖怪人間ベム』(12月15日公開)の完成披露試写会が、
11月20日に東京国際フォーラムで開催。

亀梨和也、杏、鈴木福、北村一輝、筒井道隆、観月ありさ、狩山俊輔監督が登壇。

会場には妖怪人間ベムの世界観には欠かせない巨大なムーンも登場。

亀梨は「映像に迫力があり、オリジナルストーリーということで、
妖怪人間ベムの深さが増した映画になっているんじゃないかと」と、
作品への自信を覗かせた。


正義の心を持ちながらも、姿形は醜い妖怪人間のベム、ベラ、ベロを
亀梨、杏、鈴木が熱演。亀梨は「1カット、1カット、意見を交わしながら、
1枚ずつ撮っていったって感じです。

苦労した点は、汗をかいてはいけないという規制があり、
撮影が7・8月だったので、そこら辺が一番苦労しました」と語った。

ワイヤーアクションに初めてトライした杏は、
「苦労はしてないです。きっと空を飛ぶってこんな感じなのかなって。

すごく楽しかったです」と答え、鈴木は見てほしいシーンについて、
「みちるちゃんをおんぶするシーン。一生懸命頑張ったので」と笑顔でコメント。

ドラマから続投の北村は「いつも3人で家族みたいでした。

僕もその中へ入って、待ち時間も楽しめました」と楽しそうに話した。

筒井は「最初は妖怪かと思ったら、人間かと思って残念でした」と苦笑いすると、

観月は「妖怪希望だったので、嬉しかったです」。

妖怪の特殊メイクについては「毎回、3時間くらいかかっていました。

でも、素顔でいるより評判が良くて。
これから特殊メイクでやっていこうかなと」と、
おちゃめな笑顔を見せた。

1968年に放送されたアニメーションをベースに、
その世界観を現代的に再構築したドラマ「妖怪人間ベム」は、
2011年にテレビ放送され、平均視聴率15.6%、最高視聴率18.9%を記録。

スケールアップした映画版では、
書き下ろしのオリジナルストーリーが展開される。
【取材・文/山崎伸子】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121120-00000025-mvwalk-movi




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。