So-net無料ブログ作成

<AKB48>次世代センター対決はまゆゆと珠理奈の一騎打ち? ぱるるや大阪、博多からの“刺客”も [AKB48]

<AKB48>次世代センター対決はまゆゆと珠理奈の一騎打ち?
 ぱるるや大阪、博多からの“刺客”も

昨年は“不動のセンター”と呼ばれた前田敦子さん(21)の卒業が大きなニュースとなったアイドルグループ「AKB48」。

前田さん不在で行われた昨年の「第4回AKB48選抜総選挙」では、
大方の予想通り、前田さんのライバルだった大島優子さん(24)がセンターの座を勝ち取った一方で、
渡辺麻友さん(18)や松井珠理奈さん(15)ら“次世代エース候補”と呼ばれる10代のメンバーの
台頭も目立ち、世代交代の兆しが見えた。

さらに「29thシングル選抜じゃんけん大会」で優勝した島崎遥香さん(18)や
姉妹グループ「NMB48」のチームNのキャプテン・山本彩さん(19)らの活躍にも注目が集まり、
次世代エースをめぐる戦いは混沌の様相を呈している。

13年は、前田さんに代わる若きエースが誕生するのだろうか。

注目の次世代エース候補を紹介する。(毎日新聞デジタル)

◇エースの自覚を持つまゆゆと実績十分な珠理奈

「第4回AKB48選抜総選挙」の1~16位の「選抜メンバー」の中で、
10代のメンバー(13年1月1日時点)は渡辺さん(2位)と松井さん(9位)の2人と意外に少なく、
17~32位の「アンダーガールズ」を見ても山本さん(18位)や島崎さん(23位)ら5人だけだ。

選抜メンバーの平均年齢(13年1月1日時点)は21.125歳と20代のメンバーが多い中で、
渡辺さんは前回5位から2位に躍進を遂げたこともあり、次世代エースの最右翼と目されている。

“まゆゆ”の愛称で知られる渡辺さんは06年に12歳で
「第三期AKB48追加メンバーオーディション」に合格。

18歳の若さながら芸歴6年で、昨年は「さばドル」(テレビ東京)でドラマ初主演や
ソロデビューを果たすなど経験は豊富だ。

さらに、派生ユニット「渡り廊下走り隊7」でセンターを務めた実績もあり、
昨年の総選挙では「来年も総選挙があるなら、私は1位を取りたい。

新しい時代を受け継いでいける人になりたい」と発言するなど
次世代エースとしての自覚をしっかり持っているようで、
エースの座に最も近い存在といえるだろう。

渡辺さんのライバルになりそうなのが、SKE48とAKB48を兼任する松井さんだ。

松井さんは08年に11歳の若さでSKE48に加入し、
松井玲奈さん(21)と共に“ダブル松井”としてグループを引っ張ってきた実績がある。

さらに、10枚目のシングル「大声ダイヤモンド」(08年)で前田さん、
28枚目のシングル「UZA」(12年)で大島さんとダブルセンターを務めたことから、
センターの経験は渡辺さんを一歩リードしている。

現在15歳とまだまだ若く、今年の活躍次第では渡辺さんを猛追することも考えられる。


◇急浮上の“ぱるる” 大阪や博多の若手も台頭

“ぱるる”の愛称で知られる島崎さんは昨年、最も躍進を遂げたメンバーといえるだろう。

総選挙では前回の圏外から23位に大幅に順位を伸ばし、
じゃんけん大会で優勝して“次世代エース候補”に急浮上した。

テレビの露出も増え、その言動などから愛情を込めて付けられた
“ぽんこつ”というもう一つの愛称も浸透しつつある。

また、AKB48の初となる東京ドーム(東京都文京区)の公演では、
前田さんに「私が言うのも何だけど、MCが下手だよね。

いいこと言ってるのに感情が入っていない」と辛口のエールを送られるなど、
前エースにとっても気になる存在のようだ。

昨年の勢いを持続しながら、スターダムにのし上がることが期待されるのに加え、
ぽんこつ脱却を目指すのか、ぽんこつのまま独自路線で飛躍を遂げるのかにも注目が集まる。

大阪・難波を拠点に活動するNMB48のエースである山本さんと
そのライバルの渡辺美優紀さん(19)も見逃せない存在だ。

昨年の総選挙では山本さんが18位、渡辺さんが19位と山本さんに軍配が上がったが、
CM出演をかけて話題となった2人のファースト写真集の売り上げ対決では、渡辺さんが勝利。

ライバル同士がしのぎを削りながらレベルアップしていけば、
ほかの次世代エース候補を脅かす存在になるかもしれない。

ほかにも、福岡・博多を拠点に活動する「HKT48」に目を向けると、
26枚目のシングル「真夏のSounds good !」で選抜入りした兒玉遥さん(16)のほか、
昨年の総選挙で47位に入った宮脇咲良さん(14)、“大型新人”とも呼ばれる
田島芽瑠さん(12)ら将来が有望視される若手が多数、名を連ねている。

AKB48には総選挙という“下克上”を実現するシステムが用意されていることもあり、
今年、急浮上するメンバーがいてもおかしくない。

次世代センターをめぐる戦いは実績を考えると、渡辺さんと松井さんの一騎打ちとなりそうだが、
勢いに乗る島崎さんや姉妹グループの若手が台頭してくれば、勢力図が大きく変わるかもしれない。

今年も白熱する少女たちの戦いから目が離せない。
まんたんウェブ 1月2日(水)8時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121230-00200071-mantan-ent




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。