So-net無料ブログ作成

AKB押し相撲大会 蹴られて顔にアザ、過呼吸、ドクターストップ [AKB48]

蹴られて顔にアザ、過呼吸、ドクターストップ… AKB押し相撲大会であわや事故の大混乱
J-CASTニュース 2月11日(月)17時39分配信

AKB48の握手会イベントで行われた押し相撲大会で、
メンバーが別のメンバーに顔を蹴られてアザができたり、
過呼吸で退場したりするなどした事態があったことが分かった。

ファンから心配の声が相次いでいるほか、Google+を通じて運営への
苦言が巻き起こっており、総支配人も反省の弁を述べるという騒動に発展している。

■「顔面にひざが入った」「口から流血」の噂も

 騒ぎになったのは、2013年2月9、10日にさいたまスーパーアリーナで開催された握手会イベントでの企画だ。

 A、K、B各チームの対抗戦「A-1グランプリ」というものが行われたのだが、その中で円形の特設ステージに約20人のメンバーが乗り、押し相撲で落ちたメンバーが周りに撒かれた白い粉まみれになってしまう、というゲームがあった。

 取っ組み合いの激しい戦いが行われたようで、初日に参加したチームBの石田晴香さんがゲーム終了後に泣いてしまうという一幕があった。石田さんはイベント終了後、Google+で「気付いたら人の下敷きになっていて顔を蹴られ、気が動転して泣いてしまいました…鼻に軽いアザが出来た程度なので大丈夫です」と振り返っている。

 さらに2日目には、チームBの市川美織さんが「ゲーム参加にドクターストップをかけられた」という。参加したファンのツイートなどを見ると、「顔面にひざが入った」「口から流血してティッシュを詰めていた」などの情報が錯綜している。市川さんはイベント終了後にGoogle+で、「ドクターストップといっても大したことではなく、元気ですのでご安心ください」と書いているが、何らかの危険があった可能性があるようだ。

 チームAの仁藤萌乃さんは泣いて過呼吸気味になってしまい、スタッフに抱えられて退場、チームAの小林茉里奈さんもGoogle+で「粉に落とされた時に、お腹を押されて、気持ち悪くなってしまって」泣いたと報告している。

 グランプリを通して最下位だったチームKには、「鉄棒にぶら下がり、力尽きて落ちてしまったら下に設置された体重計によって自分の体重が公開される」という罰ゲームが行われた。メンバーの島田晴香さんはチームが負けたことと体重が晒されたことへの悔しさで泣いてしまったようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130211-00000002-jct-ent




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。