So-net無料ブログ作成

おやじの背中 第8話『駄菓子』池端俊策 脚本 大泉 洋 田中哲司 塚本高史 田中奏生 日野陽仁 [ドラマ]

おやじの背中(TBS系)

豪華な脚本陣と俳優陣でおくる、単発ドラマを連続して放送!


放送日:2014年8月31日
毎週日曜 21:00~21:54



第8話『駄菓子』 池端俊策 脚本

春部真 (はるべただし・大泉洋) は菓子メーカーの営業所で
契約社員として働くかたわら、駄菓子の研究開発に余念がない。


息子の 湊 (みなと・田中奏生) も試作品ができるたびに友達に配り、
父の新製品の評判がいいから鼻が高い。


真の駄菓子に対する思い入れは相当で、
本業そっちのけで没頭するあまり妻も家を出て、
会社でトラブルになることもしばしば。


今回も上司の 二ノ宮 (日野陽仁) と言い合いになり
仕事を辞めるはめになった。


真はハローワークで職探しを始めるが、
自分が理想とする駄菓子メーカーなどなかなか見つからない。


そんなとき、兄の 利一 (田中哲司) が真を訪ねてくる。


利一は真と違ってデキがよく、一流大学を出て
父親・森造 (高橋克実) の経営する製薬会社を継いでいた。


その森造の病気が深刻で、余命を悟った父が真も利一と
一緒に会社をやってみろと言っているらしい。


真は余計なお世話と父親の差し伸べた提案を断ってしまう。


そんな真にも一目置く駄菓子メーカーがあった。


家族を中心にこじんまり経営しているハシバ製菓は、
規模は小さいが味はピカイチ。


真は自慢の試作品と履歴書を持って社長の 羽柴 (塚本高史) を
訪ねるが、素っ気ない態度で取り合ってももらえなかった。


そんなとき、森造の訃報が届いた。

出演者

春部 真 … 大泉 洋
   
春部森造 … 高橋克実
春部利一 … 田中哲司
羽柴浩太郎… 塚本高史
春部 湊 … 田中奏生
   
二ノ宮所長 … 日野陽仁
杉下とみ … 岩本多代
羽柴友美 … 荻野友里
羽柴輝光 … 五十嵐陽向



概 要

おやじの背中おやじの背中10人の脚本家と10組の俳優でおくる
連続した単発ドラマ・日曜劇場「おやじの背中」。

脚本家の池端俊策、井上由美子、岡田惠和、鎌田敏夫、
木皿泉、倉本聰、坂元裕二、橋部敦子、三谷幸喜、山田太一が、
父と子供をテーマにした対立や邂逅などを1話完結のストーリーで描く。

俳優の大泉洋、田村正和、西田敏行、役所広司、満島ひかり、
渡瀬恒彦、中村勘九郎らが出演する。

全話をプロデュースするのは、ドラマ「オヤジぃ」
「パパはニュースキャスター」「カミさんの悪口」など、
数々のホームドラマを手掛けた八木康夫。

1956年にスタートし、ドラマ「半沢直樹」などヒット作を
送り出した同枠で、単発ドラマが連続して放送されるのは、
1993年の「おんなの家」以来、約21年ぶりとなる。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。