So-net無料ブログ作成

女たちの特捜最前線 高島礼子、宮崎美子、高畑淳子 第4話 渡辺いっけい [ドラマ]

女たちの特捜最前線テレビ朝日系

高島礼子、宮崎美子、高畑淳子が競演する“警察女子会ミステリー”が連続ドラマに!


放送日2016年8月11日
毎週木曜 20:00~20:54

あらすじ 8月11日放送分(第4話)

同じ崖で立て続けに2件の転落死が発生。

20年前にも一家無理心中が起きた場所だが、

捜査本部は連続殺人事件と睨む。

そんな中、女子会に保育園の
王子・亮平(桜田通)が登場し、
一同大興奮。

しかし、同行した園長の登志子(石野真子)の
様子がおかしい…。

そんな中、京子(高島礼子)は二人目の
被害者に登志子が大金を貸していた事を知る。

さらに、一人目の被害者の周囲を
うろついていた若い男の似顔絵が、
亮平と似ていることに気づき…




.

キャスト

高島礼子/室町京子 役
京都中央警察署の総務課に勤める警察官。
捜査本部の雑務全般を取り仕切る
“何でも屋”で、嫌でも捜査情報が耳に
入ってくる。
女性警察官の意見を積極的に取り入れて
いることを内外にアピールするため、
上層部の思いつきで設置された
「京都中央署女子会」の会長でもある。
明るく好奇心旺盛で、何でも聞き耳を立てる。

宮崎美子/一条弥生 役
京都中央警察署の広報課に勤める警察官。
同署のPR活動に従事し、交通安全教室の
開催なども取り仕切っている。
性格はネガティブかつ臆病で、
“石橋を叩いて壊して渡れない女”と
呼ばれている。
夫は6年前に愛人と家を出て音信不通だが、
そのことは京子以外は知らず、今でも
一緒に暮らしているように装っている。 

渡辺いっけい/加藤修一郎 役
京都中央警察署の刑事課課長。
コロコロと捜査方針を変えることから
“朝令暮改の達人”とやゆされている。
かなりのナルシストで、“ナルシー加藤”
というあだ名も付けられている。

高畑淳子/八坂美鈴 役
京都中央警察署の食堂に勤める嘱託署員。
独身。かつては京都府警の刑事だったが、
親の介護のため10年前に退職。両親が
他界したのを機に、2年前から同署の
食堂で働き始めた。
「京都中央署女子会」の顧問を務めており、
食堂の空き時間を京子たちのたまり場
として提供している。
元刑事の血が騒ぐのか、京子や弥生に
指示を飛ばすだけでなく、自ら先頭に
立って“捜査”に乗り出すこともある。

概 要

2015年12月に「土曜ワイド劇場」枠で放送され、
好評を博した“警察女子会ミステリー”を
連続ドラマ化。
高島礼子、宮崎美子、高畑淳子の
“アラフィフ熟女トリオ”が再び競演を果たす。

物語は、京都中央警察署の総務課に勤める
室町京子(高島)、広報課に勤務する
一条弥生(宮崎)、同署の食堂で働く
嘱託署員・八坂美鈴(高畑)を軸に展開。
うわさ好きで地獄耳の彼女たちが、
署内でゲットした極秘捜査情報を持ち寄っては
“井戸端捜査会議”を開催し、本物の捜査本部
とは全く違う視点で事件を分析する中で、
解決につながる意外なヒントを見つけ出していく。
京都中央警察署の刑事課課長・加藤修一郎役で
渡辺いっけいが共演する。

ストーリー 

室町京子(高島礼子)は、京都中央警察署の総務課に
勤める49歳。

広報課に勤務する53歳の一条弥生(宮崎美子)、
食堂で働く57歳の八坂美鈴(高畑淳子)と、
署内で耳にしたうわさを持ち寄っては、
よもやま話に花を咲かせている。

捜査本部を後方から支援し、縁の下の力持ちと
して働く彼女たちだが、3人を突き動かす原動力は、
好奇心という名の“のぞき見趣味”のみ。

時にこっそり、時に厚かましく捜査の極秘資料を
得ては、警察食堂で女だらけの井戸端おしゃべり
捜査会議を開き、女性ならではの視点から
難事件の謎をひも解いていく。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。