So-net無料ブログ作成

仰げば尊し 寺尾聰 最終話 多部未華子 村上虹郎 石井杏奈 北村匠海 太賀 佐野岳 石坂浩二 [ドラマ]

仰げば尊しTBS系

寺尾聰が28年ぶりに出演する日曜劇場で主演。弱小高校吹奏楽部に奇跡を起こす!


放送日2016年9月11日
毎週日曜 21:00~21:54
原案:石川高子「ブラバンキッズ・ラプソディー」
        「ブラバンキッズ・オデッセイ」(三五館)

最終話

手術を終えた樋熊(寺尾聰)は、
吹奏楽部が県大会を勝ち抜き、
関東大会へ進出したことを知る。

弱小高校の活躍を新聞が大きく報道。

小田桐(石坂浩二)だけでなく、
今まで吹奏楽部に苦言を呈してきた
鮫島(升毅)も喜ぶ。

部員たちは、奈津紀(多部未華子)から
伝え聞いた樋熊の指示を受け、猛練習に励む。

一方で、樋熊がいつ退院するのかは
知らされなかった。

関東大会当日、部員たちは極度の緊張で、
音色を揃えることができない。

予告動画

http://www.tbs.co.jp/aogeba-toutoshi/

.

キャスト

寺尾聰/樋熊迎一 役
オーケストラの元サックス奏者。
事故の後遺症で思うように演奏ができなくなり、
自宅で音楽教室を開く。
美崎高校の小田桐校長に誘われ、
吹奏楽部の指導を引き受ける。

多部未華子/樋熊奈津紀 役
迎一の一人娘。
父親に似て気が強く、しっかり者。
荒れた美崎高校の吹奏楽部指導を
引き受けた父に文句を言いながらも、
心配し、支えようとする。

真剣佑/木藤良蓮 役
美崎高校3年生。
不良グループの一員で、物事を客観的に
見つめる冷静沈着な生徒。
樋熊との出会いで、自分の気持ちを徐々に
出していく。

村上虹郎/青島裕人 役
美崎高校3年生。
不良グループのリーダー。
木藤良、安保、高杢、桑田とバンドを
組んでいたが、演奏中の乱闘で左手に
けがを負い、ギターが演奏できない。

石井杏奈/有馬渚 役
美崎高校3年生。
吹奏楽部のリーダー的存在。
明るく社交的な努力家。
木藤良、青島と同じ中学校出身で、
ずっと気にかけている。

北村匠海/安保圭太 役
美崎高校3年生。
不良グループの一員。
正直な性格で、ギターが演奏
できなくなった青島を気遣う。

太賀/高杢金也 役
美崎高校3年生。
不良グループの一員。
ムードメーカー的な
存在でおバカキャラ。

佐野岳/桑田勇治 役
美崎高校3年生。
不良グループの一員。
表面上は軽いが、
実は熱いハートの持ち主。
オシャレ番長的な存在。

石坂浩二/小田桐寛治 役
美崎高校校長。
温厚な性格の持ち主で、
樋熊の良き理解者。
暴力事件が頻発する学校を救いたいと
思っている矢先に樋熊と出会い、
吹奏楽部の顧問を依頼する。


概 要

横浜の弱小高校吹奏楽部を舞台に繰り広げ
られる感動のヒューマンドラマ。

寺尾聰演じる元サックス奏者の樋熊迎一が、
荒廃した高校の吹奏楽部の顧問となり、
問題児らと向き合いながら、“音楽の甲子園”
で全国の頂点を目指す。

1980年代に神奈川県立野庭高校で吹奏楽を
指導した中澤忠雄の“奇跡の実話”がモチーフ。
監督を「とんび」「天皇の料理番」(ともに同系)
などを手掛けた平川雄一朗が務め、脚本は、
「ROOKIES」「南極大陸」(ともに同系)などで
高い評価を得ているいずみ吉紘が担当する。

多部未華子が樋熊の娘役で、真剣佑、村上虹郎、
石井杏奈、北村匠海、太賀、佐野岳ら若手が共演。
石坂浩二が校長役で脇を固める。

ストーリー 

オーケストラのサックス奏者として活躍していたが、
事故で引退を余儀なくされた樋熊迎一(寺尾聰)は、
自宅で音楽教室を開いていた。

ある時、樋熊が練習する風景を目にした美崎高校の
校長・小田桐寛治(石坂浩二)は、吹奏楽部の指導を
依頼する。

樋熊は一人娘の奈津紀(多部未華子)が、暴力事件が
頻発する荒廃した高校で働くことを心配する中で
顧問を引き受けるが、問題を抱える生徒たちだけでなく、
教師や保護者からもプロが教育現場へ足を踏み入れる
ことへの反発を受ける。

一度は音楽に背を向けた樋熊だったが、生徒たちと
真正面から向き合い、“音楽は心で奏でるものだ”
という思いを伝えようとする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。