So-net無料ブログ作成

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASON II」 松本潤 香川照之 第5話「忖度が歪めた少年裁判」 木村文乃 笑福亭鶴瓶 岸部一徳 青木崇高 [ドラマ]

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASON II」TBS系

松本潤と香川照之の名コンビが復活! リーガル・エンターテインメントの第2シーズン

放送日2018年2月11日
毎週日曜 21:00~21:54

99.9-刑事専門弁護士-.GIF

第5話「忖度が歪めた少年裁判」

99.9-5.GIF

大怪我をした志賀(藤本隆宏)と
奈津子(渡辺真起子)が相談に
やってきた。

志賀が怪我して動けないので、
請け負った刑事裁判の弁護を
協力してほしいという。

その刑事事件とは、
女子高生・工藤久美子(清原果耶)に
対する強制わいせつ事件。

17歳の山崎大輝とその
友人・大江徳弘が、
久美子の証言により、
容疑者として起訴されていた。

さらに調書によると、
山崎は一度自白をしてしまっていた。

さっそく山崎の元へ接見に
いった深山(松本潤)と舞子(木村文乃)は、
警察に脅されて自白したということを知る。

さらに山崎は、事件当日は、
焼肉屋にいたと証言する。

しかし焼肉屋の店員(アキラ100%)は
お客を一人一人覚えていなくて
アリバイが取れない。

しかし、深山は山崎から聞き出したある
情報をもとに刑事事件ルームの
面々と再び焼肉屋に向かった。

公判では、裁判官の遠藤(甲本雅裕)は
弁護側に一貫して頑なな姿勢で
弁護側の主張を採用しようとしない。

この事件、裁判所と検察のある
思惑が一致して、両者が半ば
結託するような形で
進められていたのだ。

さらにある奇策により、
深山達が見つけたアリバイさえも
跳ね除けられる。

絶体絶命な状況の中で、
すべてを覆す事実を
見つけることができるのか!?

ゲスト

志賀 誠・・・藤本隆宏

戸川奈津子・・・渡辺真起子

工藤久美子・・・清原果耶

山崎大輝・・・市川理矩

大江徳弘・・・福山翔大

工藤純恵・・・吉沢梨絵

焼肉屋店員・・・アキラ100%

ダンサー・・・大原優乃

喜多方修造・・・矢柴俊博

岡田孝範・・・榎木孝明



⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。

.






キャスト

松本潤/深山大翔 役
斑目法律事務所の弁護士。
佐田とチームを組み、
99.9%有罪とみなされた案件でも、
残された0.1%の事実をとことん
追求する。
26年前のある事件が刑事専門弁護士を
志望するきっかけとなった。

香川照之/佐田篤弘 役
斑目法律事務所の弁護士。
元検事で、手段を選ばず勝訴に
こだわる民事のプロだったが、
現在は深山とチームを組んで
刑事事件も担当する。
尾崎の優秀な経歴を知り、
事務所の新戦力としてスカウトする。

木村文乃/尾崎舞子 役
元裁判官の弁護士。
東大法学部在学中に司法試験に合格し、
裁判官として刑事裁判のキャリアを
重ねる。
ある事件をきっかけに退官し、
司法の世界から距離を置いている。

笑福亭鶴瓶/川上憲一郎 役
東京地方裁判所所長・代行を
務める裁判官。
膨大な案件数を裁いてきたエリートで、
口癖は「ええ判決をせえよ」。
裁判官はあくまでも
「その時点で目の前に提出された証拠」
を精査し、法律にのっとって
判断するだけであり、
もし検察が間違いを犯して
冤罪が生まれたとすれば、
それを証明するに足る証拠を
提出するのはあくまで弁護士の役目だと
いう特有の考えの持ち主。
深山と大きく対立するようになる。

岸部一徳/斑目春彦 役
班目法律事務所の
マネージングパートナーで、所長。
名だたる大手企業の顧問弁護を
請け負っている。
優れた弁護士のヘッドハンティングや、
吸収合併を積極的に行う戦略が功を奏し、
一代で事務所を現在の規模にした
超やり手の弁護士。
利益と名声を追求する一方で、
時に理想を語り、本音が読めない
くせ者でもある。
深山の亡き父とは学生時代の
友人でもある。


青木崇高/丸川貴久 役

片桐仁/明石達也 役

マギー/藤野宏樹 役

馬場園梓/中塚美麗 役

馬場徹/落合陽平 役

佐田由紀子/映美くらら 役

池田貴史/坂東健太 役

加奈子/岸井ゆきの 役

戸川奈津子/渡辺真起子 役

藤本隆宏/志賀 誠 役
   
首藤康之/深山大介 役

奥田瑛二/大友修一 役


概 要

2016年に放送されて好評を博した
リーガル・エンターテインメントの
第2シーズン。
前作では描かれなかった裁判官との
激しい攻防戦も見どころとなる。

起訴されると有罪率が99.9%と
される刑事事件を専門に担当する
若手弁護士・深山大翔を松本潤、
敏腕弁護士・佐田篤弘を香川照之が
演じる、名コンビが復活。

2人はぶつかり合いながらも、
依頼された事件に隠された
事実を暴いていく。

また、新ヒロインとして元裁判官の
弁護士で“チーム斑目”の一員と
なる尾崎舞子に木村文乃が扮する。

同系連続ドラマがシリーズ化されるのは、
09年と11年に放送された日曜劇場
「JIN-仁―」以来6年ぶりとなる。

ストーリー

 
99.9%有罪とみなされた案件でも、
残された0.1%の事実を
とことん追求する型破りな
弁護士の深山大翔(松本潤)は、
国内屈指の大手・斑目法律事務所に所属。
敏腕弁護士の佐田篤弘(香川照之)と
チームを組み、ぶつかり合いながらも
依頼された事件に隠された事実を
暴いてきた。

ある日、事件の依頼者の付き添いとして、
元裁判官の弁護士・尾崎舞子(木村文乃)が
事務所にやって来る。

舞子は状況証拠から有罪は
免れそうにない事件にも関わらず、
わずかな可能性を追い求める
深山と対立してしまう。

一方、佐田は、舞子の優秀な
経歴を知り、事務所の新戦力として
スカウトするが、舞子には、
退官後に司法の世界から距離を
置いていた理由があった。


⇩クリック(タップ)でamazonのサイトに飛びます。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。