So-net無料ブログ作成
J-POP ブログトップ

trf・SAM 現職経産副大臣と”ディスコ破り”の過去 [J-POP]

trf・SAM 現職経産副大臣と”ディスコ破り”の過去


デビュー20周年を迎えたtrf。彼らの楽曲を使用したDVD
『TRF イージー・ドゥ・ダンササイズ』はかつてのファンから
若い世代まで浸透して2月25日にシリーズ累計100万枚を突破!

ボーカルのYU-KI(46)、ダンサーのSAM(51)とETSU(48)、
CHIHARU(45)、DJ KOO(51)の5人は、同日に16年ぶりに
小室哲哉(54)プロデュースでミニアルバム
『WATCH THE MUSIC』もリリース。再び脚光を浴びている。

「SAMとは10代後半のころ、
『全日本ディスコダンス選手権』で出会ったのがきっかけでした。
2人は歳も同じで意気投合して、そこからの付き合いです」
そう語るのは、自民党の衆議院議員・菅原一秀経済産業副大臣(51)。

『全日本ディスコダンス選手権』では菅原副大臣が3位でSAMが7位。

ロッキーというユニットを組んで、全国の“ディスコ破り”をしていた。

東京・中野にあるSAMの8畳1間のアパートに集まり、
6年間ストイックに練習する“ダンス合宿”の日々だったそう。

「当時の合言葉は『1日休むと取り戻すのに3日かかる』でした。

彼はダンスを、私は議員になってから24年間、
毎日街頭演説を欠かさなかった。

今でも彼と会うとそんな話をしますね」と懐かしむ菅原副大臣。

昨夏の自民党のチャリティーイベントでは、
約30年ぶりにSAMとダンス競演を果たしていた。

「10代の夢を諦めずに目標を実現していることに敬意を表するとともに、
20周年でも変わらずにいてください」

女性自身 2月28日(木)7時30分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130228-00000304-jisin-ent






きゃりぱみゅ、実は人見知り…原宿カワイイ大使(渋谷区公認) [J-POP]

きゃりぱみゅ、実は人見知り…お酒の力で「色んな人と仲良くなりたい」
デイリースポーツ 1月14日(月)15時36分配信


新成人を迎えたモデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(19)が14日、
東京都内で行われた「渋谷区新成人を祝う会」に参加し、スペシャルライブを行った。

渋谷区公認の「原宿カワイイ大使」を務めていることから式典に参加。

会見には、ユニコーンが宇宙を駆ける絵が入ったショッキングピンクの
振り袖という“新星人”ないでたちで登場。

「日本一派手な新成人を目指しました。

2月にスタートする(10都市20公演の)世界ツアーをイメージした」と満足げだった。

1月29日に20歳の誕生日を迎え、お酒も解禁となるきゃりー。

「人見知りなので、お酒の力を借りて、色んな人と仲良くなりたい。
飲んだらすごくハイテンションになりそう」と“飲みニケーション”宣言も飛び出した。

昨年は「つけまつける」などが大ヒットし、
NHK紅白歌合戦に初出場するなど、
知名度をグンと高めた1年だったが
「今年は1人のアーティストとして成長したい。
歌を中心に頑張る」とさらなる飛躍を誓い、
新成人1500人に今月30日発売の
新曲「ふりそでーしょん」など5曲をプレゼントした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130114-00000037-dal-ent




きゃりー、声の完治を報告 「不安で泣きそうだった」と明かす [J-POP]

きゃりー、声の完治を報告 「不安で泣きそうだった」と明かす
デイリースポーツ 1月5日(土)15時19分配信

年末に急性声帯炎にかかり、体調が心配された歌手でタレントの
きゃりーぱみゅぱみゅが5日、自身のツイッターで、声帯炎がほぼ完治したことを報告。

「声がでない時は不安で悔しくて泣きそうになった」ことを明かした。

きゃりーは5日、午前0時ごろにツイッターを更新。

「声が完治してきた。やっほー!らー!らんらららー!らんらんるーーー!!!」と
元気に報告。

「苦しかった、、、声がでない時は本当に不安で悔しくて泣きそうになったよ」と
本音を明かした。

きゃりーは12月29日、NHK紅白歌合戦のリハーサルで歌唱せず、
同日深夜にツイッターで急性声帯炎であることを明かした。

30日にはTBS系で放送された「日本レコード大賞」に出演したが、
トーク部分での声はガラガラでのどの調子が心配されていた。

30日のレコ大、31日の紅白では歌唱している。

また、きゃりーのツイッターのフォロワーが年明けに100万人を
突破(5日午後3時時点で101万3千人超)。

3日には「フォロワーが100万人超えてる!?!?SUGEEEEEEE!!!!!」と喜び、
「祝!100万人を記念してフォロワー限定無料ライブとかやりたい。
社長に話しておこう」とファンとの交流イベントを企画することを明言していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130105-00000034-dal-ent




YUIが音楽活動を振り返る「素晴らしい8年間だった」 [J-POP]

「素晴らしい8年間だった」YUIが音楽活動を振り返る
オリスタ 12月16日(日)18時0分配信

11月、突然の活動休止を発表したYUI。初のベスト盤が発表され、様々な音楽番組にも
出演している彼女だが、そのありのままの心境とは? これまでの8年間の活動が、
YUIにもたらしたもの。
それは、休止後にスタートする新たな活動で、再び花開くに違いない。

■「素晴らしい8年間だった」
音楽を続けるための大きな決断

――改めて、YUIとしての活動休止を決意した理由を聞かせてください。

YUI ひと言でいうと、“限界がきた”っていう言葉が当てはまるかな。タイアップを頂いた楽曲を制作していくうちに、YUIというプロジェクト自体が大きくなっていって……。その中で、新しくやりたいことが出てきたので、その準備のために、休止宣言を出させていただきました。

――歌うことをやめるわけではないんですよね。

YUI そうですね。今まで応援してくださった方々に、ご心配をかけたり、傷ついてしまう方がいたらイヤだなと思っていて。どんな風に伝えたらいいのかすごく悩んだんですけど、次に向けたお休みだっていうことがわかってもらえたらいいなと思って。

――大きな反応がありましたね。

YUI 予想していたよりもおおごとになってしまいましたね(笑)。

――宣言直後には“Mステ”(テレ朝系)に出演して。タモリさんに突っ込まれてました。

YUI タモリさんがあんなに直球でくるとは予想してなくて(笑)。これからのことは徐々にお話をしていけたらなって思っていた矢先だったので、数秒、固まってしまったんですけど。

――その“次”というのはまだはっきりとは言えないんですよね。

YUI そうですね。ただ、今の自分が好きな音楽を表現していくっていう道はイメージしてます。

--では、YUIとして活動した8年間はどんな期間でしたか?

YUI 素晴らしい8年間だったと思います。私が胸を張って言えるのは、出会いに恵まれてるなっていうこと。こうして8年間も続けてこれたのは、周りの方の支えのお陰だし、出会いに支えられてきたからだと思いますね。

――ご自身では、どこがターニングポイントだと感じてます?

YUI うーん……17歳でメジャーデビューした頃は、右も左もわからなくて。ほんとに無我夢中というか、ただガムシャラにもがいてたんですね、でも、20歳を超えたころから、ちょっと落ち着いた気持ちになって。自分の信念を譲らない真っすぐさ、芯の強さは変わってないけど、自分のことだけを歌うのではなく、応援ソングを作ってみようって思えるようになって。年を重ねるごとに、少しずつ見え方というか、視点や考え方が変わってきたかなって思いますね。

――ちなみに、初の応援ソング『Rolling star』と胸キュンラブソング『CHE.R.RY』の間にハタチの誕生日を迎えてます。

YUI そうか~。やっぱり『CHE.R.RY』は、私にとっては、すごく大事な曲になってて。もともとは、Fのコードで始まる曲を作ったことがないから、Fから作ってみようっていう、そのコードの響きだけで作った曲だったんですね。しかも、その時に、たまたまボスが通りかかって。そのデモをボスが聴いてもらっていなかったら、こんなにフィーチャーされてなかったんですよ。だから、ラッキーソングだと思うんですけど、その出会いも含め、とても、いい時期でしたね。結果、たくさんの人に聴いてもらえるようになるきっかけにもなったし、思い入れの強い曲になってます。

――オリ★スタにもデビューから何度も登場していただきましたが、過去の誌面を見て、どうですか?

YUI (誌面を見ながら)うわ、懐かしい! やっぱり、子供の顔。どんだけ人が嫌いなんだっていう顔をしてますよね(笑)。人見知りで、恥ずかしがり屋だっていうのもあるんですけど……あ、ここで顔が変わってる!

――まさに『Rolling star』と『CHE.R.RY』の間ですね。

YUI やっぱりそうなんだ。20歳を境に変わったんですね。……あ、この頃は痩せてるな?(笑)。

――『CHE.R.RY』から3ヵ月後、9枚目のシングル『My Generatio/Understand』の取材ですね。

YUI なにダイエットをしたんだろう……この時の私に聞きたいです。

――(笑)16枚目のシングル『to Mother』では髪を切って、スカートも穿くようになりましたし。東京と福岡で撮影した、ベスト盤のジャケットでは笑顔も見せてますね。

YUI 友達になった人からも「笑うの?」って質問されることがあって(笑)。「人間だから笑います」って答えてたんですけど、今は以前よりも自然体になってきてるのかな。

――いまのYUIさんにとって、東京と福岡はどんな場所になってます?

YUI こないだ、NHKの『SONGS』の収録で福岡に行ったんですけど、地元の海を見たときに、昔の自分の姿が見えてきて、涙があふれそうになって。私は、強がってるつもりもないし、無理してるつもりもないんですけど、新宮の海に「いいんだよ」って言われた気がしたんですね。東京にいて、大人として理解しないといけないことがたくさんあるかもしれないけど、そういうことは一度置いておいて、しっかり深呼吸しなさいって言われてる感じがしましたね。

――東京はいかがですか? オレンジ盤の最後には、4枚目のシングル『TOKYO』も入ってます。

YUI 2枚とも最後に入れた曲は思い入れがあって。グリーン盤の最後の『Good-bye days』は、出演もさせて頂いた映画の主題歌で、そのときの経験が、後の制作にもいい影響を与えてくれたと思ってて。『TOKYO』は、上京したときに書いた曲。原点を思い返すっていう意味でも、最後に入れたいなと思ったんですね。その東京で、たくさんの人や音楽と出会って、今では「ただいま」って言える場所になった。これからも大切にしていきたい場所だなって思いますね。

――そして、初出場となる“紅白歌合戦”が最後のステージになります。

YUI 知り合いの人たちがすごく喜んで、たくさんのメールをくれたんですね。最後ということもあるし、これまでお世話になった方への感謝の気持ちも込めて、とにかく気合を入れてがんばりたいと思います。

Profile
ユイ。87年3月26日生まれ、福岡県出身。
05年2月にシングル『feel my soul』でメジャーデビュー。
これまでに22作のシングル、6作のアルバムを発表した。
12/31に『第63回NHK紅白歌合戦』に初出場し、
今年いっぱいでYUIとしての活動を休止する。

当インタビューはエンタテインメント情報誌『オリ★スタ』12/24号(12/14発売)に掲載。
誌面ではさらにインタビュー、写真などたっぷり紹介していますのでお見逃しなく!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121215-00000307-orista-musi




タグ:YUI 活動休止
J-POP ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。